[和紙屋の杉原商店] [マスコミ] [リンク集] [漆和紙] ["Sun Hold Collection"] [sample]
[ネイチャーシリーズ][ちぎってシリーズ] [羽二重紙シリーズ] [古代シリーズ] [shop] [WashiSpirit] [苦情係]



●sample-125和紙尽くしの茶室・川越●

データシート等々の詳細データは
新建築
2005年2月号に掲載されています。
THE JAPAN ARCHITECT JA58summer2005に掲載されています。

『平成の二畳台目』


2005年11月26日に待ちに待ったオープンハウスがございました。
その模様をお伝えします。

秋晴の良き日に、そのオープンハウスは執り行われました。

趣向を凝らした調光のシステムを有するその茶室は、朝から日没まで、様々な陰影を楽しむ事ができます。

ミニマルな空間を無限に楽しむ・・・日本人で良かった。

.

 

 

なんと!庭の番人まで、お出ましになりました。
江越さま、そして関係者の方々お疲れさまでした。

ありがとうございました。


横河設計工房様・江越様
ありがとうございました。

 


20050126

ついにこんな茶室が出来上がりました。
壁も天井も・・・Sun Hold Collection・サンホールドコレクション

由緒あるお寺の境内に、見事な茶室が出現しました。

700を超える設計競技から選ばれたデザインです。

お茶室としての創造性の中に現代(今)を生きる建築としなければならないとの趣意のもと。

名付けて
『平成の二畳台目』

およそ茶室とは似つかわしくない外観!

なんと内側は和紙に覆われています。

白い空間です。

この部分は上部はHIRYU柄&下部は徐々に無地のベースがついています。

すべてガラスに直貼り仕上げ。

このHIRYU柄とベースの組み合わせは

Sun Hold Collection・サンホールドコレクション
SH-3000-D

 

なんと見上げるとそこにも和紙です。

金属部分を覆うように・・・

実はこれ
SH-3000-D

の変形なんです。中央部分がHIRYU柄で、周りが徐々に無地のベースと成っています。

天井から床の間に向かう部分に

中柱の横に見えるスダレ柄は
SH-2000-111

正面はRAKUSUI柄と無地ベースのコンビネーション
中央部分がRAKUSUI柄で、端に向かって無地のベースに変化します。

この奥が水屋になっており和紙を通して水屋の動きも感じる事が出来る趣向です。

11月のオープンハウスが楽しみです。


●お問い合わせ●

ご質問やご意見も何なりとお申し付け下さい。
精一杯対応させて戴きます。


メールアドレス
【アドレスは正確にお願いします。】


下記の 住所にファックス戴いても結構です。

 

INQUIRE

Please mail us. sugihara@washiya.com
And Fax please. +81 778 42 0144



e-mail address



このページは「和紙のソムリエ」&「和紙キュレーター」 杉原吉直すぎはらよしなおがお届けしています。
〒915-0235 株式会社杉原商店
福井県越前市不老町17-2
FAX 0778-42-0144
http://www.washiya.com
越前和紙専門です。越前和紙の企画、製造、販売、用途開発が私達の仕事です。様々な和紙のOEM承ります。
Copyright 1998- 20050209
SUGIHARA WASHIPAPER, INC. All right reserved
このサイト内容の無断掲載を禁じます。ご一報下さい。

[和紙屋の杉原商店] [マスコミ] [リンク集] [漆和紙] ["Sun Hold Collection"] [sample]
[ネイチャーシリーズ][ちぎってシリーズ] [羽二重紙シリーズ] [古代シリーズ] [shop] [WashiSpirit] [苦情係]