[washiya.com 和紙屋のトップページ]
[ちぎってシリーズ] [羽二重紙] [リンク集]

油団(ゆとん)』について…

夏の「杉原家の座敷」

 

 

また写真に写っておりますのは日本の夏を感じさせる油団(ゆとん)です。
和紙を何枚も張り合わせ、荏の油を何度も塗り重ねてゆく、
根気と時間のかかる作品です。
すべて受注生産品です。(たまに、在庫があります。)
油団で昼寝する・・・最高の贅沢・・・

・・・ちょっと一言・・・
油団のお手入れは、米糠を炒って乾拭きする。(日本手拭いなどにくるんで小さい枕みたいに仕上げる、その枕で拭き上げる)仕上がったばかりの油団は水拭きしないこと。これを守ると、4〜5年でいい艶が出てきます。季節が終わったら敷きっぱなしにせず、風通しの良い場所に保管すること、上手に使えば100年保ちます。
・・・もう一言・・・
油団とは、楮の紙を何枚も張り合わせ、最後に表は越前和紙の鳥の子を貼る。それに「荏」の油を塗る。乾燥して出来上がり。(とにかく手間がかかる)
裏面には柿渋を霧吹きで吹く。(強度、防虫効果)塗ってしまうと割れやすくなるため。

【価格】8畳用で80万円
お昼寝に、お越しください!!

越前の夏。日本の夏!



本ページは杉原吉直すぎはらよしなおが保守しています。
〒915-0235株式会社杉原商店
福井県今立郡今立町不老17-2
TEL0778-42-0032 FAX0778-42-0144
mailto:sugihara@washiya.com
http://www.washiya.com
ご意見・ご要望などはご遠慮なく E-mail sugihara@washiya.com

All right reserved Copyright(C)Y.SUGIHARA 1999-12 このサイト内容の無断掲載を禁じます。ご一報下さい。

[washiya.com 和紙屋のトップページ]
[ちぎってシリーズ] [羽二重紙] [リンク集]